忍者ブログ
ivy cageの工房に散らばる石ころのご紹介。
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

クラム・カルサイト-方解石化した二枚貝
【Pelecypod Replaced by Calcite】Okeechobee County, Florida, U.S.A

鉱物名:カルサイト
宝石名:カルサイト
英名:Pelecypod Replaced by Calcite
和名:方解石
モース硬度:3
劈開:三方向に完全
産地:アメリカ

処理:-

流通名:二枚貝カルサイト
    クラム・カルサイト
 
 
白い貝殻の中から生えた、透明な蜂蜜色の犬牙状カルサイト結晶。
第三紀鮮新世~第四紀更新世の頃(約300~170万年前)のハマグリの祖先「Mercenaria permagna」が化石となる際、貝殻の成分である炭酸カルシウムが地下水に溶かされて貝殻の中に溜まり、その後水分が蒸発することでカルサイトが結晶したものなのだとか。
カルサイトが共生した貝化石は日本をはじめ世界各地に見られるようですが、宝石質のカルサイトが産出するのは今のところフロリダのオキーチョビー郡のみで、こちらは既に閉山してしまった為、今後は希少なものになってしまうかもしれません。


【Pelecypod Replaced by Calcite】Okeechobee County, Florida, U.S.A
紫外線ライト(375nm)による蛍光。

この標本を購入したのは2013年、偶然見つけて一目惚れからの購入でしたが、今年のミネラルショー関係で話題に上るまで、蛍光鉱物としても人気の石であったことは露知らず。
ムーンストーンのシラーのように、内側から浮かび上がる青白い光が神秘的です。

comments**
yourname ()
title ()
website ()
message

pass ()
- 81 - 80 - 73 - 71 - 70 - 69 - 68 - 67 - 66 - 65
prev  top next
プロフィール
HN:
Yati
HP:
性別:
女性
職業:
アクセサリー作家
趣味:
写真、音楽、鉱物の蒐集、調べもの
自己紹介:
銀と鉱物でアクセサリーを作りつつ
宝飾業界のはじっこのほうで
いろいろ考えたり調べたり遊んだりしている
ただの石好きです。
ブログ内検索
*ご注意*
当サイトの掲載内容には個人的見解が含まれます。
鉱物名や分類等の情報の変更につきましても
リアルタイムで反映されるものではありません。
あくまでもご参考程度にご覧くださいますよう
お願い申し上げます。

※掲載内容のミス、変更等につきましては
  発覚次第、順に修正致します。
  お気付きの点がございました場合は
  ご指摘戴けると有難いです。

※無断転載はご遠慮ください。
バーコード
カウンター
BACKGROUND / tudu*uzu
DESIGN / Lenny
忍者ブログ [PR]
 
PR